Good Day Vancouver 


バンクーバーより発信 犬と暮らすイラストレーターの日々色々を綴ります+++all rights reserved
by maricontinental
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

バーナビーのある公園から



春の柔らかい夕日
a0101161_12562755.jpg

この冬の終わりかな、と感じた日。
[PR]
# by maricontinental | 2007-04-05 07:42 | monochrome | Comments(1)

画材屋の中のアート



今日は珍しく昨夜、夜中まで朝あげの仕事をして
昼過ぎに直しをアップしてメールで送った。
、、、お昼ご飯を食べたら眠くなってきた。

でも写真があるからちょこっとブログしておこう。

a0101161_6292737.jpg

グランビルアイランドにある画材屋、
OPUS(オパス)には版画工房も
近いのでよく行く。

こうやってファインダーをのぞくと
何気ない物もアートになっちゃう。

a0101161_6364848.jpg

画材屋のすぐ向かいにはバンクーバーで
一番由緒ある美大、エミリー・カーがあって店員も
その卒業生や在学生(?)だったりする。

最近色々オリジナルな製品を次々と出したり
ワークショップを開いたり前向きで好感がもてる。

ひとつ文句をいうなら私がいつも仕事で愛用している
青い鉛筆がいつも品切れなことだ。
もう一ついうなら雁皮紙を安くでいれておいていただきたいな。

文具やクラフト、グラフィック系に力を入れているのはLoomis
物によってはOPUSよりちょっと高いような気がする。

クラフト材料ならなんでもそろう巨大なMichael'sは北米中にあるようだ。

こういう店に入るとあっという間に時間が過ぎてしまう。


だけど美大時代は本当に楽しかったな。。。

a0101161_6432034.jpg
[PR]
# by maricontinental | 2007-04-03 07:45 | art & illustration | Comments(0)

プードルの版画


a0101161_1516255.jpg
もうすぐ、(4月16日から25日)
大阪の素敵なギャラリーセンティニュアル
でグループ展がある。

[Pu.Pu.Pi.Poodle展]
GALERIE CENTENNIAL+more info+

関西で活躍するたくさんのアーティストが
それぞれ”プードル”をテーマに作品を
製作&展示。

プードルという犬は”動物”の枠をこえた
ファッション的要素が大きい不思議な
オブジェクトのように思える。
みごとにトリムされたプードルはまさに
芸術品そのもの。。。。生きた盆栽。(?)

でもラブリーな外見とは違って気が荒かったりもする。
私がこの版画を刷っていると版画家のEdithがあるドッグトレーナーが
最もインテリジェント(知的)な犬はプードルだ、と言ってたわ、と言った。
前に飼っていたハスキーもそうだったが賢い犬はそう誰にでも
尻尾はふらない、ということだ。

とにかく、プードルはモダンでオシャレだ。絵になる。

そんな魅力もあってプードルファンは多い。
この展覧会はさぞ楽しいものになるでしょう。
現場にいけないのがとても残念。

バンクーバーに住むようになって7年ほどになっても
このような企画展に参加させていただけることに深く感謝。

さて、ようやくインクの乾いた版画を今日はフレームするぞ!
a0101161_23341269.jpg
刷った時、紙は濡れているのでピンとなるように
こうやって板に水張りをする。
このノリのついたテープは”Butcher's Tape”と言う。

肉屋のテープ。

肉屋さんが紙で肉を包んだときに
ぺろっと使うテープなのだ。
日本ではなんて言うんだっけ、、、

ミューズテープ?水テープ?、、、忘れた。

版画の乾かし方は色々ある。
ブロッターやミルボードに挟んで重しをする方法だとこのように後で紙の
端を切る手間がない。でも乾くのに日がかかるし失敗すると紙が波打つ。

工房からすぐ持ち帰れる板張り法が私には都合がいい。

a0101161_2312829.jpg
さて、念入りにフレームして梱包して出荷。
展覧会にだす作品は我が子のように愛おしい。
売れるとお嫁に出したように嬉し悲しい。

作品に 「がんばってこいよ〜」と声をかけた。
[PR]
# by maricontinental | 2007-04-02 07:47 | art & illustration | Comments(0)

静かな恋人


もう四月だというのにぴりりと冷たい夜の仕業。

昨夜の満月は恐ろしく美しく、
高く広いバンクーバーの夜空を照らしていた。

月光に照らされて蒼く光る雲はまるで横たわった女性の裸体のよう。

走る車の窓から眺めているとその月はずっと追いかけてくる。
せまるでもなく離れるでもなく同じ距離を保ちながら。

きっとそれは”静かな恋人”、といった感じかもしれない。

a0101161_9472979.jpg

、、、、っと、
そんな月夜はちょっと詩人になってしまうのであります。。。(へただな。笑)

(イラストは三日月のがあったので。)
[PR]
# by maricontinental | 2007-04-01 07:50 | art & illustration | Comments(0)

メキシカン ビーフブリトー

 

a0101161_241956.jpg

今日の晩ご飯はメキシカン ビーフ・ブリトー。

ハズバンドの大好物である。

フライパンの上にトルティーアにチーズをのっけて溶けた頃、
チリをまぶして焼いたビーフ、リフライドビーンズ、ワカモレ、サルサ、ネギを
のせて巻いて食べる。

a0101161_3195832.jpg

簡単そうだけどわりとコマゴマ手間がかかる。
サルサも作る事もある。今日はスーパーで
買ったもの。
Safeway(スーパーマーケット)のDeliで
いつも買うQue Pasaのはサルサは
フレッシュでなかなか美味しい。

トマト好きな私はこのサルサだけスプーンですくって食べちゃう。

リフライドビーンズはこしあんの砂糖抜き、という感じ。
はじめいまいち好きになれなかったけど慣れるとないと寂しい存在。

あとサワークリームとか好みで入れたり。

私はこれひとつでもうおなかいっぱいになっちゃうけど
ハズバンドはこれをふたつもみっつも食べるぅ、、、信じられない〜。


[PR]
# by maricontinental | 2007-03-31 07:53 | food | Comments(0)

犬と時間



今日のゾンゾン。
赤いラグがほんとうによく似合う。
ちょっとお腹すきました、、、っていう甘えたせつない顔。
a0101161_1493827.jpg

この犬は本当にいろんな表情をする。
なにを考えているのかとてもわかりやすい。
悲しい時は本当に悲しい顔になる。
嬉しい時は体全体でうれしー!っとなる。
「嘘」がない。

そんな彼が愛おしくてたまらない。

ゾンゾンは黒ラブにジャーマンシェパードが混じってる。
無理矢理耳をたててみるとシェパードに見える。
耳を隠すとアザラシのようになる。。。。

まだ6歳なのに口元に白髪が目立つ。
でもゾンは子犬のころから白髪があった。
二月に日本に三週間ほどいって帰って来たら白い眉毛になっていた。
私がいなくなったストレスからなのだろう、と勝手に
思い込んでいるのだけど。。。(笑)

時間。

私たちは彼に時間を教えるように心がけている。
”Stay!”(待て!)と言われて一体どれくらい待たなければならないか
わからないでいるなんて自分がそんなことされたらストレスもいいとこ。

だから"soon/すぐ"5〜10分、
"for a while/しばらくの間"1〜2時間 と言ってあげてから去る。
すると彼なりに納得しているように見える。
”後で”、とか”明日”とかもある。会話の中に”散歩”という言葉が出ると
よいしょと立ち上がって伸びをしてドアの前でスタンバイしているからだ。

車に乗っけてもらって散歩に行けるのかただの買い物なのかも
きっと知りたいところだろうからそれも伝えてやる。
「買い物にいくだけだからね」と言った時の失望したような顔が
おかしい。
でもかわいそうだから結局どこかでミニ散歩におろしてやるんだけど。
その際もちゃんと言葉で「じゃ〜、ちょっとだけ散歩する?」と
伝えてやる。でないとこの訓練が台無しになる。

寝起きをともにしながら生活している彼はほぼ私たちがなにを
言っているのか理解しているようにも思える。

ちなみに「散歩にいく?」という言葉をいろんな言い方でしたみた。
英語と日本語も。
どれも大喜びした。
多分、言葉というより声のトーンや気で感じ取っているのかもしれない。

犬同士ではフ〜ン、とかキュ〜ンとかだけでその何通りもの微妙な
違いを聞き分けてコミュニケーションする生き物だもんね。
聴覚の敏感さはかないません。

でも私もゾンの言葉はほぼ理解できるし真夜中でも聞きつける。

お腹の調子が悪かったりどうしてもオシッコに行きたい時玄関のまえで
クンクンいっていることがある。

これってやはり母性のものかしら?
だってハズバンドはいつも気づかないでグースカ寝ているもの。
それとも気づかない振りしてるのかも?


[PR]
# by maricontinental | 2007-03-30 07:52 | dog & me | Comments(2)

毒入りドッグフード!?

a0101161_2415587.jpg
ちょっと最近おデブになってきたので
ダイエットしなきゃね。ゾンゾン。

犬はあばら骨がみえるくらいが理想的なんだそう。
痩せてかわいそう、
というのは間違いである。
太り過ぎは関節に負担を与えて犬にとっては致命傷となる。

そういえば最近北米の大手スーパーブランドの
犬猫フードにネズミ退治用の毒が混入していたとかで
多くの犠牲犬猫がでていた。

いつも少しだけお肉をドライフードに混ぜてやるんだけど
(本当はあまりよくない!)
たまに犬用缶詰を少しやることがある。

だけどそれもどこまで信用していいかわからないよね。
自家製のドックフードを作ろうかな。
いつかArt DirectorのM氏がレシピを教えてくれたな。

麦とバッファローの肉とBone meal(骨粉)。

誰かは生の小ぶりのチキンを丸ごとあげてたぞ。

ちなみに火を通された骨は消化せず特にチキンの骨は
縦にさけて胃を傷つけるので絶対あげてはいけません!

夏のBBQシーズンになるときちんとゴミを始末しない
で帰った人たちのゴミによくチキンの骨があって
犬が食べちゃっうのよね。

生の骨は歯にもいいし消化もするそうです。

a0101161_2383524.jpg
先々週、一緒に仕事をしていた
Art Director R氏のドーベルマン、zimが
10センチの骨を飲み込んでしまってみんなで
心配したもんだ。
うんちの度に「骨、出た?」って。

でも
飲み込んだ骨が生だったことでホッとしたR氏。

「そんなこと知らないからさ〜、うんちの度にチェックしてたんだぜ〜」
と手真似入りで。(苦笑)

彼はスキンヘッドに両腕にびっしりTatooの入ったハードな
容貌だがとても綺麗好きで几帳面な若者で
その彼がうんちチェックをしている姿を想像すると。。。。
ちょっと笑える。


今度時間のあるときに自家製ドッグフードつくってみよう。
[PR]
# by maricontinental | 2007-03-22 07:55 | dog & me | Comments(2)

DAD's Birthday



HAPPY BIRTHDAY! DAD.

a0101161_9172616.jpg


上の(義理)お姉さん夫婦をのぞいて家族みんな集まってDADの
お誕生日を祝った。

みんなが”ハッピバースデートゥーユ〜♫”と歌う中
姪のAnneがケーキをDADの前に置く。
Make a wishをしてから一気にロウソクの火を吹き消したDADは
最高に嬉しそうだった。


ケーキは下のお姉さんの友人リッキーが焼いてくれたチョコレートケーキ。
リッキーはすっごい料理が上手でどんなに忙しくてもささっと
作ってしまうのだ。
この日もなんとこのケーキの他にチーズケーキとレモン&メレンゲパイを
焼いて持って来てくれたのだ。

そんな彼女を前に私は去年ピックして冷凍保存しておいたブルーベリーと
ラズベリーを入れたゼリー。。。。
このめちゃくちゃ簡単な物ですらみんなべた褒めしてくれる。

皆、本当に心暖かい人たちである。

デザートキングのDADはその4種類のデザートをたんまりと
たいらげたのでありました。
本当に幸せそうだった。

みんなDADが大好きです。
[PR]
# by maricontinental | 2007-03-10 08:00 | food | Comments(0)

最新の記事

一日遅れのバレンタイン・ケーキ
at 2016-02-17 10:15
秋の浜、涙腺崩壊。
at 2015-10-02 17:29
16th Wedding A..
at 2015-09-13 07:30

おすすめブロガーに認定されました♫Gabriola Island
旅行口コミ情報

最新のコメント

Yukiさん  義父が..
by maricontinental at 00:48
ゆきさん ありがとう〜..
by maricontinental at 15:52
結婚記念日おめでとう!美..
by ユキ at 13:17
あきこさん、ありがとう〜..
by maricontinental at 14:00
よかったよかった、うん!..
by pandakoaki at 17:11

最新のトラックバック

Treat
from 日常の出来事

検索

ファン

ブログジャンル

海外生活
自然・生物

画像一覧