Good Day Vancouver 


バンクーバーより発信 犬と暮らすイラストレーターの日々色々を綴ります+++all rights reserved
by maricontinental
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:monochrome( 30 )

迷った時の決断法



人間という生物は他の動物と比べて”迷う”時間が長い

。。。という、困った特徴がある。(苦笑)
d0114280_06170995.jpg



私は小?中学生の頃から、決断に迷った時には

それをしなかったら後で後悔するか、どうか、を

未来の自分に問うてみることで色々なことを決断をしてきた。

それまでには
(どうしよう、やっぱり、だめ。いや、だけど。。。)

とウジウジしたりするのけど、

そうやって明日の自分、来年の自分、5年後の自分に

問うてみると意外とスッキリと答えが出たりするもんだ。


若い頃なら告白をしようかどうしようか、の時だったり

大人になってからはビジネスのことだったり。

結果はだめでもやっぱり”GO”の方向へ進んでよかったと

思う事が多い。。。

失敗は経験となって決して無駄になることはないから。

かっこわるい結果になってもまた気持ちを前に進められる、

それだけで、いいじゃないか。


だけど、大人になればなるほどけっこう小さなことで

ためらったりするのはどういう事かな。。。

強くなっていくはずなのに。

身体に比例して心の傷も治りが遅くなるのだろうか。

それが怖いのかな?

大人だから人に迷惑をかけることが、怖いのかな。

色々な事が分かれば分かる程、

どんどん臆病になっていくのかな。


多分〜。。。一人では生きていないから。

守るべき人たち、守ってくれている人たちが
昔よりも増えているから、、、かな?


なんか最近、
 ”モノクローム”カテゴリーネタ、多いな。(苦笑)

病んでないよ。歳のせいだよ、きっと。

haha.... It’s all right.

d0114280_06175775.jpg
(なぜか今日はフォントが大きい。。。
これより小さい設定にするとめちゃくちゃ小さくなる。。。
なぜだー? 携帯で読む様に大きくなったのかな。)








[PR]
by maricontinental | 2013-12-17 06:26 | monochrome | Comments(2)

ふと、落ち葉によせた思い。

朝、霜が降りる様になりました。

ゾンゾンの吐く息も白く、お山の頭も白く。

d0114280_3494253.jpg


d0114280_3502257.jpg


d0114280_461167.jpg



木々は11月頭には日本より一足お先に紅葉し、落葉し、

美しいな〜、と思いつつもうこの季節か〜。。。とため息もでる。

落ち葉を蹴散らしながら、クリスマスのことやら考えながら歩く、

そしてまたふと、思う。

こうして一体あと何回この落ち葉を見る事ができるのだろう。

あと何回(もうクリスマスか〜)なんて面倒くさそうに、(本当は大好きだけどね。笑)
ぶつくさいいながらそうして落ち葉小道を歩く事ができるのだろう。

健康な人はきっとそれが来年もまた再来年もずっとずっとできると
思っている。終わりがある事を考えたりしない。


私はというと、今のところ、余命を宣告されたわけではなく、

若者の域ではないがまだ動ける世代にいる、、、

とはいっても人の命が途絶えるのは歳の順じゃないと
いつも思っている。


この当たり前の様に巡る四季を実感できることを

いかに当たり前ではないと感謝しながら暮らして行くことが

人生を豊かにしていくのだろうか。

そう出来たら人は争わなくなるであろうか。

無駄な欲望を捨て、幸せになれるだろうか。


それとも本当に幸せなのはそんなことを感じる間もなく

がむしゃらに日々、駆け回って美味しくご飯をいただいて

ぐっすり眠る、朝起きたら死んでいた、くらいの勢いで

充実している人なのかもしれない。。。?


どちらもできたら素敵な人生なのだね、きっと。

d0114280_4102345.jpg

[PR]
by maricontinental | 2013-11-27 04:21 | monochrome | Comments(0)

夢でもし逢えたら

この思いっきり露出オーバーした写真がどこか好きだ。

もちろん、狙って撮れる程、私のカメラ技術は高くなーい。。。

偶然の一枚。

d0114280_1635634.jpg


まるで夢の中のような世界。。。

夢。

夢は不思議だね〜。


先日、逢いたいと思っていたヒトに夢で逢えた。

素直に、嬉しかった。


逢いたい人に逢いたい逢いたいと思えば夢に出てくるの?

そんな都合のいいこと、できるのかな。


その夢の中の出来事は、まるで日常の一コマのように
久しぶりの再会は驚きも感激もなにもなく
おかしな状況の中でたんたんと進んで行く。(笑)


そのヒトと私は乗用車に乗っていて
そのままなにやら観光船に乗り込もうとしていたけど
間に合わず、

「次の便だね。」

とちょっとがっかりしながら顔を見合わせる。

一体どこの国なのかどこの観光地なのか
さっぱりわからない。

景色はすべてぼやけていて、
まさにこの写真のようだった。。。

残念ながらそこまでだ。

せっかくならその観光船に乗って遊覧したかったな。

ずーっとそう願いながら寝たら
続きが見れるかな。。。



”夢でもし逢えたら 素敵なことね

貴方に逢えるまで 眠り続けたい ”

By ラッツ&スター

そんな歌を思い出した。(笑)
[PR]
by maricontinental | 2013-11-10 16:18 | monochrome | Comments(2)

やるせなさ。

やるせない気持ちは、

どこへ持って行けばいいのだろう。

波が拾って持って行ってくれるかな。

。。。。なんつって。(苦笑)

d0114280_15113443.jpg


車で5分のところにこんな場所がある。
幸せなことです。
[PR]
by maricontinental | 2012-07-15 15:15 | monochrome | Comments(2)

素敵なサプライズの達人


先日バレンタイン・デーでしたね。
カナダでは女性から、という決まりはなく男女お互いに、
家族に、愛や感謝を込めて贈り物をし合います。

 昨年三月に亡くなったDADは最後のバレンタイン・デーも
忘れずにMOMに恒例のチョコをプレゼントしました。

病院のベッドから動けないDADがどうやってプレゼントしたかというと
近所に住む娘にチョコレートを買って来て家のクローゼットに
隠すように頼み、バレンタイン当日、病院から家にいるMOMに電話。

低いけど優しい声で
「Happy Valentine's Day ,Mother! クローゼットを見てごらん。」

病の床の中でどうやってチョコレートを渡そうかなって
にやにやしながら考えてたんでしょうね。

d0114280_14532559.jpg

 DADは粋なサプライズの達人でたくさん憎いエピソードがあります。

ある普通の日の朝、MOMはいつものようにコーヒーを入れようと
このコーヒー缶を開けました。
コーヒー豆の中に紙切れが入っているのに気づきます。

" I love you."

と書いてありました。

バレンタインでも記念日でもなんでもない日だけど
そっとそんなことをしちゃうお茶目なDAD。


  彼の喪失は果てしなく大きい。
  だけど彼の愛は永遠不滅です。

そんなことを改めて感じた、
ちょっと苦いバレンタイン・デーでした。


[PR]
by maricontinental | 2009-02-15 14:52 | monochrome | Comments(8)

blue moon


月がとっても蒼いから
遠回りして帰りたくなるほど
美しい今夜の満月。
(でも都はるみさんって感じではないんだな。)

ワオ〜〜ンって感じかな。(???)
d0114280_172278.jpg


空気がとてもクリアだった今日の満月は
とても大きく近くに見えた。

そう言うと天文学好きハズバンドが
「月は地球といつも同じ距離を保ってるから
いつも同じ大きさなんだよ。」
とやや小馬鹿にして笑う。

ふ〜ん。
そ、それくらいわかっちゃいるけどぉ、
大きく見えるもんは見えるんだ!


[PR]
by maricontinental | 2009-02-10 17:19 | monochrome | Comments(2)

言葉の力


季節の変わり目は体調がすぐれない。
歳を追うごとに体感するようになる...
やらねばならないことは山のようにあるのに
なにひとつ進まない日々。
d0114280_730552.jpg

photo @ cape scott

今日も版画工房に行くつもりが行けず、
近所の工房のT氏に別件で電話し
「私、怠けものなんです、、、」と話すと
「違うよ、体の言う事、ちゃんと聞いてあげなきゃ。」と
言ってくれた。

版画作品、活動共にスピリチュアルな奥深いT氏の言葉は
ただの慰めではなく生き物とはそうなんだ、とまっすぐに
私に届きました。

言葉とは不思議なものですね。

そう言われた瞬間、私の自己嫌悪はぱっと晴れ、
がんばろ!という力が湧いて来ました。

  体の声を聞いてあげる。

それから、
  人の言葉で救われる、救えるということ。

前回の深呼吸に続き、
また大切なことの再発見。

(。。。。体の声聞きすぎてカメハメハ大王みたいになりそう。
って、やっぱただの怠け者か。。。!)ガク。


[PR]
by maricontinental | 2008-09-24 07:28 | monochrome | Comments(4)

breathe deeply


深呼吸をすること breathe deeply
d0114280_1130587.jpg

 photo@Hornby Is.


深呼吸をするのは
大切だって
わかっていても
気がつくと
しばらく
していなかったりする。


[PR]
by maricontinental | 2008-09-14 11:27 | monochrome | Comments(4)

We are in summer.



夏。
嗚呼、夏なんだ。
バンクーバーの一番素敵な季節。
d0114280_14363645.jpg


日本の夏は苦手だけど
日本のそれはセピア色の想い出に映るんだな〜。。。私には。


よしずを立てた畳の部屋で昼寝をする。
頭の上方に扇風機のまわる音、
蝉の声
はっと目が覚めると
じっとり汗をかいていた。

そういうの、もう10年ほど体感していない。
恋しいようで、、、そうでないようで、、、(笑)
d0114280_1437011.jpg

(はじめて行ったStevestonの浜辺...とはいっても
これは海ではなくFraser Riverです。)


[PR]
by maricontinental | 2008-07-17 14:34 | monochrome | Comments(2)

七夕だった。。。


昨日は7月7日、七夕だった。
今日気がついた。

d0114280_14385298.jpg


一年に一度しか会えない織り姫と彦星。
なんて切ないんでしょう。

それでも会える日が決まっているのはまだ救いではないでしょうか?

いつ会えるかわからないでずっと待ち続けるのはもっと残酷。

だけど会いたいという気持ちがお互いにあるのなら
なにも怖いことはないのか、、、。

ふと、そんなこと考えちゃいました。


短冊(たんざく)にお願いごとを書く、なんてこと
子供時代以来、長い事してませんね〜。


[PR]
by maricontinental | 2008-07-08 14:30 | monochrome | Comments(4)

最新の記事

一日遅れのバレンタイン・ケーキ
at 2016-02-17 10:15
秋の浜、涙腺崩壊。
at 2015-10-02 17:29
16th Wedding A..
at 2015-09-13 07:30

おすすめブロガーに認定されました♫Gabriola Island
旅行口コミ情報

最新のコメント

Yukiさん  義父が..
by maricontinental at 00:48
ゆきさん ありがとう〜..
by maricontinental at 15:52
結婚記念日おめでとう!美..
by ユキ at 13:17
あきこさん、ありがとう〜..
by maricontinental at 14:00
よかったよかった、うん!..
by pandakoaki at 17:11

最新のトラックバック

Treat
from 日常の出来事

検索

ファン

ブログジャンル

海外生活
自然・生物

画像一覧