Good Day Vancouver 


バンクーバーより発信 犬と暮らすイラストレーターの日々色々を綴ります+++all rights reserved
by maricontinental
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:life in Vancouver( 103 )

一日遅れのバレンタイン・ケーキ

バレンタイン・デーでしたね。

うちの旦那さん、
めずらしく風邪をこじらせて土曜日からダウン。

実はその前の週末にダウンタウンのちょっといいレストランで

あることのお祝いをしていたので

二人で少し早いバレンタイン・ディナーだね、と

本バレンタインにはなにも予定していなかった。

それでもチョコレート大好きキングになにかをと思っていて

チョコレートケーキを作ろうと材料は買っておいた。

グルテンフリーのケーキミックスを発見!

自分も食べられるようにちゃっかりと。(笑)

スーパーのレジで私の後ろのおじちゃまの

バスケットにはハート型のチョコレートが❤️

かわいい!

この日の花屋さんやチョコレート屋さんには

日本とは真逆の男性陣でいっぱい。

どこか照れくさそうなその光景は微笑ましい〜。


ま、今回うちのCは家から出られませんので仕方ありませんし

ディナー連れて行ってもらったから

なにもいらないよーと言ってあったしね。

おまけにバレンタイン・デーの日曜は胃も不調な様子で

さすがのチョコキングもダウン。。。


というわけで一日遅れの月曜に延期になったけど

作ったよ!

ちょっとー、かわいいじゃない〜?(自画自賛)

ずーっと前に作ったのがハンバーグにデミグラスソースかかったみたいな

気持ち悪いケーキになったしな。

あれを思うとだいぶ進歩した。


ラズベリーあったらこわいもんなしだね。(笑)

素人でもとりあえず見栄えはよく見える。ワハハ・・・!

d0114280_9534524.jpg


チョコキングはたいそう感激して

「もったいなくて切れないよ。。。そのヘタから食べるよ」、と

切り端に手を伸ばすので

「いい状態の時にいい方を食べてよ!」と私。

そうだね、と美味しそうに食べてくれた。

写真も撮ってお姉さんに自慢してた。(笑)



グルテンフリーのチョコケーキもこれがなかなか

キメも細かく、ふつーに美味しかった。

ちゃんと説明書読んでから作ったよ〜お姉ちゃん!

、というのは、
私はいつもDirectionを最後まできちんと読まないで

適当に作り始めて失敗してしまう、

ということを何度もやっていて

実姉によく怒られていたのです。

(朝ドラの”ハツとあさ”のような姉妹であります。
姉はなんでもソツがない人。)

このいい加減さはなかなか治らないね〜。。。

(版画と仕事以外に関してはほとんどいい加減だねー。(笑))

お菓子作りをなめたらいかんぜよ!

ということをわかっているので

お菓子づくりから疎遠になっていた私であった。。。

でも小麦粉アレルギーがわかって以来、

半年以上ケーキは食べられないでいると

自分で作るしかない現状でちょっと挑戦したくなった。

とはいっても面倒臭がりなので極力簡単なものね。


よしよし、これで一切れ$5もするどこぞのお店の

グルテンフリーのブラウニーに手を出さずに済む。




さて、本題にもどして、

バレンタインですけど、

Facebookに私はこう書きました。


“Your life is pretty good if you found a love that asks nothing in return.

もしあなたが一度でも無償の愛に出会うことができたなら
あなたの人生、なかなか良いものだと思います❤️

色々なカタチの愛、大切にね。”


これは男女、夫婦、恋人のことだけを言っているのではなく

肉親、家族、犬、ねこ、ペット、すべてが対象です。


無償の愛ってなんだろう。。。


  ”死ぬ気で守りたい存在”?


たった一度でも、

たった一人でもそう思える者に

そう思ってくれる者に出会うことができたら

あなたは愛を実感できるでしょう。

それだけで長かろうが短かろうが、

この世に生まれてきた意味があったのではと思います。


なにはともあれ

ハッピーバレンタイン! 愛が地球を救う。

d0114280_9503562.jpg

[PR]
by maricontinental | 2016-02-17 10:15 | life in Vancouver

Burnaby Lake walking

We walked around the Burnaby Lake 11km.

It was fresh & great long walk.

Family day? Everyday's family day!...my hubby said.

d0114280_6522649.jpg


d0114280_654724.jpg


今日は”ファミリー・デー”で祝日ですが

”毎日がファミリー・デー”!と夫が良い事言いました♫

昨日はバーナビーレイクの周り11キロをウォーキング。

二時間かかりましたがフレッシュで良かったです。


d0114280_6543844.jpg


まだまだ冬枯れ景色ですが今の見所は

木に生えた苔!

蛍光グリーンが美しい春の始まり♡

それにしてもこのリス、よく太ってたな〜。(笑)

ぶりぶりしてたわ。

d0114280_6552041.jpg


d0114280_6555531.jpg


へびちゃんにはテンション上がるぅ〜♫

ゾンゾンはお留守番。

元気ですよ。だけど11キロは彼には無理な距離で。。。

犬がいない散歩はほんとつまんないな〜。。。

だけどゾンがいたらきっとこのリスも蛇をこんな近くによれなかっただろうね。

それでもやっぱりゾンゾンとお散歩がしたいよ〜。


今度来たらこの日ピョコピョコ芽が覗いていた

スカンク・キャベッジが咲いているかな♫

About Burnaby Lake
[PR]
by maricontinental | 2015-02-10 07:04 | life in Vancouver

X'mas Dinner

まだまだクリスマス備忘録、続きます。(苦笑)

私には義理のお姉さんが二人います。
二人とも全く違う性格ですが
最高に素晴らしい人達です。

家族が皆仲がいいこと、これは本当に本当に貴重で
どんなことよりも幸せなことだと思います。

血縁関係でなくても無償の愛をしっかりと実感できる
素晴らしい家族です。



イブは二番目のお姉さんところで楽しく過ごさせていただきました。

お菓子の家(ジンジャーブレッド・ハウス)を
日本から来た私の姪にデコレートしてもらい
手みやげに持参。

なかなかうまいじゃん!

d0114280_4472527.jpg

かわいいので、もういっちょ。
d0114280_4473539.jpg



クリスマスの夜には一番目のお姉さんとところで
ディナーをいただきました。

お姉さん夫婦のお家はいついっても素敵〜♡
旦那さんも二人ともセンスがとてもいいのでクリスマスは特に楽しみ♫
d0114280_4485730.jpg

d0114280_4491245.jpg

d0114280_4493890.jpg

こんな小技まで。。。♫ 

d0114280_4495015.jpg

私の姉と姪も私のつたない通訳を交えながら
楽しいクリスマスの時間を過ごせた様です。
よかった♡

なにごともなくとても良いクリスマスだった。

日本の両親が買ってくれた木と月夜。
d0114280_454822.jpg

[PR]
by maricontinental | 2015-01-12 05:09 | life in Vancouver

X'mas Decorations

あんなに心躍らせたクリスマスのイルミネーションも

不思議とクリスマスを過ぎ、新年も迎えると

ややうんざりしたりもするもので

我が家は年明けの週末にはさっさと片付けます。

美しいからといってダラダラ飾っていては

次回のトキメキが半減するように思います。

生花だって散るからこそ美しい!

(ブリザート&ドライ・フラワー苦手派)

とかなんとかいいつつ

今頃こんな投稿、、、(苦笑)年末はとにかくバタバタで

でも自分の記録のために載せておきます。

見てくれた方、ごめんなさい。。。



クリスマス前にちょうど家の大きな松の木を二本、
切り倒したおかげで
リースやデコレーション用のグリーンがたくさん確保できました。
買うとほんとに高いんですよねー。
贅沢贅沢。
d0114280_14154466.jpg

リースの赤い実はうそもの〜。。。
d0114280_14184945.jpg

Wash Roomにもね♡
マグノリアの木も大分大きくなってくれて
少々枝を切っても大丈夫になってくれてました♫
d0114280_14192585.jpg

お気に入りの鳥ちゃん。
d0114280_14201342.jpg



レイリングのガーランドもこれでもかって、
ふんだんにグリーン。(苦笑)
d0114280_1423356.jpg

あーあ、やっぱりクリスマスは素敵〜。
d0114280_14235845.jpg

d0114280_14242850.jpg

d0114280_14251856.jpg

d0114280_14254035.jpg


ゾンゾンも設置完了。(笑)
我が家の小さなリビングもしばしにぎやかでした♫
d0114280_1426975.jpg


カナダ(我が家)ではツリーの下にプレゼントを置いて
25日の朝に皆パジャマのままプレゼントオープンをしてワイワイします。
たいてい、義理のお姉さんのところで集まってそれをするので
我が家のツリーの下にはプレゼントはなしです。。。

昨年のプレゼントオープンは12人分のだったので、、、
すんごい数になっていました。
全部開けきるまで昼までかかりました。

申し訳ないくらい平和ですね。
本当にこの恵みに心から感謝しないと、、、。

だけどプレゼント、といってもそれぞれ必要なものだったり
靴下だったりで
すごい豪華な贈り物ばかり飛び交っている訳ではなく
それぞれが相手を思う、、、うちの場合、笑わせる(が半分)
なことが目的なのです。
それをわはは、わははとみんなで笑いながら
プレゼントを開けることが
本当に楽しいのです。


また今年のクリスマスが楽しみです。。。

d0114280_1535569.jpg

[PR]
by maricontinental | 2015-01-11 14:47 | life in Vancouver

雪の日のお葬式

少し前のことだけど。。。。

そう、11月のバンクーバーに異例の早い初雪が降った日。

友人のお葬式だった。

最高に美しい日だった。

真っ白い雪に真っ青な空。


友人はすごく親しいという間柄ではなかったけど

夫の幼なじみの義理の兄、ということで昔から知っていた。

会うといつも優しい笑顔で

いつでも山登りにいけそうなアウトドアな服装で

自然の中がしっくりくる人だったし

夫が彼はいつもいつも誰よりも初雪を待ちこがれていた、と

語っていて、まさに彼の旅立ちのぴったりの日となったみたいです。


私もこんな日に旅立ちたいな〜。。。(笑)



d0114280_1431847.jpg


d0114280_1423443.jpg


お葬式というか、メモリアル・サービス。

日本と違って、喪服でなくてもいい。

以前、叔父さんの葬儀で喪主の娘さんが真っ赤なドレスに

真っ白な帽子をかぶっていたのが

まだカナダに来たてだった私には鮮烈な印象だった。

”父親の葬儀に真っ赤なんて!?”とびっくり。

晴れやかに華やかに故人を送り出そうという感覚は

やはりいいと思う。


ふと、思う。

日本人の宗教観念のなさというか、

キリスト教徒でない人が教会(風)で結婚式をあげることが

もう普通とされている中、

葬儀は教会ですることはとんでもないとされる。

どうも理不尽でならない。(笑)

やはり日本は不思議な国である。。。



d0114280_1411462.jpg


とてもいいメモリアル・サービスだった。

特に弟さんが編集制作した音楽と

壁に投映された写真には

皆、涙を抑え切れなかったですね。

サッチモの"What a wonderful world"から始まり、

Pink Floyd、Peter Gabriel、、、は

やっぱりこの世代には欠かせないですね。



まだ50歳過ぎ、 逝ってしまうには若いな。

残念です。


遺族の方々がそっと会場に入場して来ます。

私達はそっとその姿を目で追っていました。

皆伏し目がちに悲しい表情でゆっくり歩いていかれます。

でも長男の、おそらく20歳前?が

会場の私たちの目をまっすぐ見て

一人一人にありがとう、を言っているかのような

実に輝かしい表情で歩いて行ったのがとても印象的でした。

なかなかできることではありませんね。


そんな彼を見ていると

この家族は大丈夫、と思ってしまいました。


雪、あれきりですね、バンクーバー。。。

やはりあの雪は彼が無理矢理オーダーして

降らせたのかも?(苦笑)

d0114280_1404550.jpg

[PR]
by maricontinental | 2014-12-21 15:04 | life in Vancouver

X’mas Treeを買いに行こう!

This is the fun moment!

Picking and buying a fresh Christmas tree.

Fraser street + 41st. East Vancouver
(John Oliver high school)

The staff are sooo friendly and helpful, great service!
Vancouver South Lions Club - Charity


新鮮なクリスマス・ツリーを選んで買う、

最高に楽しい♡

d0114280_14305365.jpg
d0114280_14311017.jpg


毎年ツリーを買う訳ではないのですが、

今年は初めて日本から姪っ子が来るので大張り切り♫


子供でもいたら毎年買って飾りますけど、

その年によって忙しかったり、

貧しかったり(苦笑)で

テンションが上り下がりしますよね〜。わははー。


バンクーバーでツリーを売っているのは一般には

スーパー、ホームセンター、IKEA、ガーデンストア、その他。

スーパーやホームセンターではこのように

ぐるぐるにしばられた状態で売っているので

どんな感じなのか分かりにくいのが難点ですが

運びやすいしやっぱり安い。

d0114280_14585692.jpg

@Super Store

IKEAは安い上にギフトカードなるものまでついていくるので人気ありとか。

木の質も種類も豊富で手入れやサービス、

店の雰囲気も最高なのは

昨年のブログにも書いたGARDEN WORKS

それに相応して当然お値段やや高め。


私たちが行ったのは、上記のどれでもなく、

Vancouver South Lions Club
というコミュニティーが毎年開催している

チャリティーのツリーセールです。

もう50年ほどの歴史だそうです。

スタッフももちろんボランティアの、

それはそれはフレンドリーな素敵なおじさま達。

早い時間だったのでまだ私たちだけだったので

おじさま達が色々意見をくれたり、

一緒に選んでくれたり、

実に和やかであたたかなツリー選び。

d0114280_14583285.jpg


FIR(もみ)の木はいーろんな種類があります。

わりと隙間のある感じや、よく茂ったもの、濃いグリーン、青いグリーンetc...

状態も色々です。

かっこ良くトリミングされたものや、

自然のままの若い木、大きいの、小さいの。。。

いい感じのを三本選んで比べてうーーーん、と私が悩んでいると

スタッフのおじさまが

「じゃあ、コインで決めよう!」と

くるっとコインを投げて手の甲にふせます。

はい、決定!(笑) 

d0114280_14593310.jpg

ここで希望に応じて切ってくれます。


私たちが買ったツリーはなんと$22。

お値段も優しいです。

でもここでそのまま払うのは紳士ではありません。

チャリティーのためにボランティアで活動している、

そしてこのどこでもここまでしてくれない

あたたかサービスに対しての敬意を

忘れてはいけないのです。

で、$30、置いてきました。  

ま、こんなところでしょう。


まだこれからツリーを買うんだ、という方、

是非こちらまで足を運ばれては?

Fraser street + 41st. East Vancouver
(John Oliver high schoolの角)

詳しいインフォ

d0114280_15162813.jpg

[PR]
by maricontinental | 2014-12-19 15:35 | life in Vancouver

ひさびさの花火!

It was amazing!
Celebration of Light.

今年のバンクーバーで行われた日本チームの花火は本当に感動しました♫

スポンサー問題で継続が危ぶまれた花火大会も新しいスポンサー、ホンダのおかげで持ち越しましたね。
ありがとうHONDA!  私のマイカーもHONDAっ♡

毎年3、4カ国が競う花火、今年の参加チームはアメリカ、フランス、そしてニッポン!

面白いのはラジオを持参すると音楽の演出も楽しめること。
ん?忘れました。(笑)iPhoneで聞けたかな?

ビデオ観て、あ、こんなだったのね、と改めて楽しみました。

いつも人だかりをさけて遠方から眺めていたり、最近では行かなかったり。。。

でもひさびさの日本、(M氏の情報から20年ぶりとのこと)これは観なければと重い腰をあげて目指した先はバラッド・ブリッジ。

なぜかというとここから観ると開始前に小さいタグボートのダンシングが観られるからです♫

アヒルのダンスみたいでかわいいーんです♡ 

でもそれを観たのは、、、もう数年前。
やや半信半疑でしたがよかった!まだやってくれていました。
d0114280_7412925.jpg
d0114280_7415238.jpg

バラード・ブリッジにはもう人がズラリ! カメラ小僧もびっしり。
いつも車で通過するだけなのでこうやって間近に橋の装飾を観る事ってなかったよな〜。

これこれ、タグボートのダンス。
あまり期待しないでね。でも微笑ましくて私は好きなのです。笑
d0114280_74279.jpg

d0114280_7591444.jpg

素人のiPhoneからは花火撮影は無理です〜!(失笑)
と、はじめから分かっていたので、しっかりと目で収める事にしました。
d0114280_7422037.jpg


見逃した方、フルビデオ、観れますよ♫
(残念ながら最後のちょこっと切れている、、、ガクっ。)

ビデオ観る

音楽と花火のシンクロが鳥肌もののほぼ完璧です。
選曲のセンスの良さも抜群!!
アメリカとフランスのチームはなぜにあんなチープな選曲なんだ、、、。
アメリカはらしい、感じもするけどフランスはもっとフランス色を出してほしいな〜。

その点、日本はまるでオリンピック参加しているほど気合いが入っているのが感じられる構成のスキのなさ。

打ち上げは今やコンピュータープログラミングされているとはいえ花火は生き物です。
ものすごい緻密な計算でないとあんなにバッチリ音楽とシンクロできないでしょう。

他国と比べるとその差は明確。

職人魂、日本、かっこい〜〜♡ 

曲が盛り上がる節々で絶妙のタイミングでドーンと花火が開く、
その快感。。。現場の技師達もさぞ感無量でしょうね。

それにしても ものすごい人だった〜。

日本のように並ぶ露店もなければ、公共の場での飲酒も禁じられているバンクーバー、
(ハッパの匂いはあちこちから、、ていうのもここならではですが。笑)

それでもたった30分の花火だけを観に、これだけの群衆が街に繰り出す。

平和ないい街ですよね〜。

   戦火はいりません、空には花火を。。。


お友達の写真家斉藤さんのレポートも是非! BC観光局レポート 
美しい写真がいっぱい!
[PR]
by maricontinental | 2014-08-03 07:28 | life in Vancouver

Twilight Market-N-Van

Friday Night Market in North Vancouver!!
"Twilight Market" since 2011

夏の間、毎週金曜日の夜に開催される
ナイト・マーケット/ノース バンクーバー、
ずっと行きたくてノースバンのお友達と先週やっと行ってきました♫
ただしくはトワイライト・マーケットなのね。
でもみんなナイト・マーケットって呼んでます。

d0114280_221756.jpg

たくさんの人〜♫ わくわく〜。テンションあがるあがるぅ〜♡
フードトラックもズラリ、約30台。
何食べたいんだ〜?と自分の胃袋に聞くが、、、

色々迷ったあげく、気分はバーガーってことで、
シシリアン・バーガー♡ 
暑い日にはこの濃い味バーガー、ピッタリでした。
d0114280_2256100.jpg


d0114280_2214633.jpg


そしてリッチなアイスクリーム♡
ソルト・キャラメル、、、はちょっと選択ミス。
美味しかったけどシシリアン・バーガーの後にはくどすぎた。。。
d0114280_224816.jpg


ドラム隊も海をバックにいい感じ〜。
d0114280_2253421.jpg


なにはともあれこの港際のロケーションが最高であります。

対岸に望むダウンタウンの切り絵がまた乙です。

d0114280_2333183.jpg


陽が落ちると先ほどのヒートはどこへやら。

ヘリコプター付き豪華ボートと月を眺め、
コーヒーを片手にのんびり、ゆらゆら、ゆらゆら、、、。
(気持ちだけ、浮かんでいるつもりで)

バンクーバー、平和をありがとう。

友よ、お疲れのところ、お付き合いをありがとう。

d0114280_227375.jpg

d0114280_234527.jpg


このビデオで、もっと詳しく雰囲気を感じられまよ♫

[PR]
by maricontinental | 2014-07-23 02:37 | life in Vancouver

DAD's NutsTree

父の日。。。

夫の父、DADは数年前他界して姿はありませんが
このナッツ・ツリー、
ここに彼は宿って私たちを見守ってくれていると信じています。

d0114280_6393969.jpg


なぜナッツ・ツリーかというと、昔DADはナッツ農場を経営していて
SAFEWAYなどに出荷もしていました。

代々ナッツ農家かというとそうではなく祖父はバンクーバーダウンタウンをはじめ9箇所に
Spencer’sというデパートを経営していたのですが存続させるつもりはなかったようで
子供たちには好きな道を選ばせていたよう。
叔父さん(DADの兄)もフットボール選手になっていたし。

後にデパートはEATON'sというデパートと合併しました。
現在SFU(大学)が入っていてSpencer Buildingと一応名前だけは残してくれているようですがウチが所有しているわけではありません。(だといいのにな〜。。。失笑)

BC州あちこちに土地を所有していたおじいさんはDADが結婚するにあたって
ヘリにMOMと二人を乗せ、好きな所を選ばせました。
そしてDADが選んだのが美しいチリワックの土地。ミンターガーデンの近くであります。
そこに彼の念願のナッツ・ファームを作ったのであります。

ナッツの並木は本当に美しく神秘的で大きく成長した木が作るトンネルの中を歩いているととっても癒された気がします。
よく犬たちと歩くのが好きでした。
X Fileのドラマにもよく登場しましたね。なにか不思議なパワーがあるように思えます。

私が結婚した頃にはもうリタイアされていてナッツは収穫されず、落ちているのを拾って近所に配る程度でしたが
当時、どうやって収穫していたかというとなんとヘリコプターの風圧でもって実を吹き落とすんですって!
で、落ちたナッツをトラクターでかき集める。
見たかったな〜。

d0114280_649478.jpg

(まだ若いナッツ並木、昔の写真)

そんなこんなでナッツはDADの愛しきアイコンとなったわけであります。

前述からしたらウチがとんでもない財産を受け継いだように誤解されがちですが
いたって我が家はふつーーに住宅ローンに苦戦する庶民です。(苦笑)

そう、それでそんな私たちも家を買おうと奮闘したのが5年前、
ようやく運命を感じる家に出会い、だめもとでオファーを入れました。

家は古くてかなりの手入れを要する状態でしたが角地で閑静な住宅街、
便利な環境に惚れ込み、一般の方は敬遠するボロ屋だけどやはり家の転売業者は見逃さない物件で当然彼らからオファーが入ってきました。

ギリギリラインでオファーを入れている私たち、業者にそれ以上お金を積まれたら勝ち目はありません。。。

ほぼ敗北を目の前にやっぱりまただめか。。。と諦めていたらなんと、あちらがなにかの理由でオファーから退いたのでありました。

信じられませんでした。絶対無理だと思っていたこの家が私たちの手に??
もちろん手入れは大変でしたが昔の建築は意外と梁も太く、しっかりした造りです。

今でも快適に暮らせています。
そして購入直後不動産ブームはうなぎのぼりで土地バリューは倍近く跳ね上がり、お世話になった不動産エージェントにも本当にラッキーだったね、と言われます。

今でもどうして私たちが買えたのか、不思議なくらいです。

だけどこのナッツ・ツリーを発見した時に納得できたのであります。

庭は何年もまったく手入れされておらず荒れ放題。
大きな松の木の下は落葉とブラックベリーとゴミでいっぱいでした。
購入後、まずとにかく掃除、ブラックベリーの伐採。これがまー、大変でしたが

ある日、「ん?」これは、、、ナッツ・ツリー?

もう少しで伐採しそうになったまだ小さなナッツ・ツリーを発見したのです。
なぜこんなところに?
多分リスが実を運んできて埋めたのかもしれませんね。(笑)

その木はおよそ二歳くらいの育ちよう、つまり、二年前、ちょうどDADが亡くなった頃に芽がでたのですね。 
 はっとしました。。。

夫と私はどちらから言うでもなく大切に堀りだして家の角のよく陽の当たる場所へ植え替えました。

「そうか〜。。。DADが私たちがここを買えるように見張ってくれていたんだね〜。」

ということになり、このナッツ・ツリー、DADの木と呼んで
誕生日には甘いもの大好きだったのでカップケーキにろうそくをたてて根元に持っていたり、
今日も「ハッピーファーザーズ・デー、DAD.」と木に向かって言いました。

またこれからも見守っていてね♡DAD.

d0114280_6495985.jpg
d0114280_649427.jpg

[PR]
by maricontinental | 2014-06-16 07:09 | life in Vancouver

日本の思い出 Kinosaki Onsen 城崎温泉 

そうそう、2014年一月〜二月、帰国の思い出

両親と三人で行った雪の城崎温泉旅行

忘れないうちに。。。



列車での旅はとっても好き。

お弁当やおやつを買って電車を待つ時間もたまらなく好き。

d0114280_8275621.jpg


大阪から城崎へ向けて北へ北へと進むにつれ雪がどんどんすごくなり

途中 短いトンネルを何度も通過するのだけど
 
その度に

  ”.... トンネルを抜けると 雪国だった” 

の有名すぎる一文を頭でつぶやき 白い景色を楽しんだ。

日本のそれはやはりカナダのとは違う。

まったく違うのであります。

なぜに こう切なく悲しい気持ちにさせるのだろう。

色々なことがあったし それもそうさせるのだろうかな。

ふと横を見ると両親は居眠りに忙しい様子(苦笑)。

d0114280_8294644.jpg


到着したのがもう夕方だったので一つだけ外湯を楽しんで

あとは時間の許す限り街をブラブラ♪
d0114280_8461378.jpg


晩ご飯が待っていたから我慢した美味しそうなおはぎ!!
d0114280_8455395.jpg


旅館へもどりカニ三昧!! 

もう、、、食べられません〜。。。しばらく欲しくありません、ってくらい食べた。(苦笑)

おなかが少し落ち着いてから内湯へ。

それほど景色の見える露天風呂ではなかったが

小さい庭園に雪がかかるのを眺めながらのお湯は最高♪

夜、消灯。 

三人 川の字になりながら 誰が始めたか 私と姉が子供の頃の話がはじまった。

父が何度も言う、 「あの頃が一番楽しかった。」 って。



翌日も雪がざんざん、ずーっと降っていて

さーっと土産屋さんをのぞいて後はジャズのかかる懐かしい感じのカフェでゆっくり休憩。

心地いいカフェから雪が降るのを眺めてのんびり。 

その雰囲気に両親もご満悦な様子♪


その二人の横顔を眺めつつ

こういう時間を思い出にしたいけど思い出にしたくない、という気持ち、

年老いた両親を持つ人ならきっと痛いほどご理解いただけるだろう。

d0114280_845313.jpg


最後に食べた栃餅ぜんざいは塩が効いていてとても好みの味だった♡

d0114280_8505635.jpg
d0114280_8504167.jpg
d0114280_850275.jpg


そして帰りの電車がきました

行きは新型特急だったけど帰りはこのレトロ電車。

でも風情があってよかったよ。乗り心地も問題なし。

ただ携帯充電ができなくて、、、でも それでいいのだ

色々頭で思いながら電車にゆられて 

               旅の終わりにはそれがいいのだ

d0114280_8593486.jpg

[PR]
by maricontinental | 2014-03-11 09:10 | life in Vancouver