Good Day Vancouver 


バンクーバーより発信 犬と暮らすイラストレーターの日々色々を綴ります+++all rights reserved
by maricontinental
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

秋の浜、涙腺崩壊。

d0114280_1722279.jpg


今週はずっと秋晴れで最高に美しい。

先日、気分もとても良かったので

いつもより早めにグランビルアイランドにある

版画工房(スタジオ)へ向かい

荷物をおいて水辺に沿ってウォーキング。

バンクーバーの秋晴れの日は空気が

キリッとして空も澄んで蒼く、大好きです。

本当に美しい街。

なんて幸せなんでしょうね。。。

d0114280_1601354.jpg

d0114280_15565482.jpg



ゾンなしで散歩することにまだ慣れていないというか

物足りなさはなんとも寂しい。

ゾンが死んでからもう2ヶ月も経つというのに

でも自分でも信じられないくらい平穏だ。

大人になったのかな〜(苦笑)


一緒に暮らしていた者が突然いなくなること、

それは本当に耐え難い大きな穴。

しばらくは頭でわかっているのに体がついていかなかった。


毎朝ヒョイとゾンの様子を伺ってリビングをのぞくのと

おやすみをいう癖がしばらくとれなかった。

そんな癖もだいぶ取れて平気になってきたかなーと

思った頃、何気にスーパーで買い物をしていて

ドッグフードのセクションを通過した時に

ガツンとやられました。。。

もう関係ないんだ、というかなんだろう、

たかがドッグフードの商品に

これほどに動揺させられるとは、、、

でも泣くのはぐっと我慢。


外で犬たちを見ても彼らはわたしに笑みをもたらしてくれる


時々ゾンの感触を求めるかのように

買い物をしているご主人を店先で待っている犬に

普段触らないけど

(飼い主を待っている子たちは触るべきでないと思っている)

尻尾ふってくれた子をそっと撫でてみる。

だけど決してゾンと同じではなく

たいていがっかりする。。。


あのちょうどいい柔らかさの毛、匂い、

わたしだけに見せてくれる顔、

他で求めることはできないのですね。


d0114280_15594015.jpg
d0114280_1558062.jpg


キッツビーチのちょうどポイントにいく手前が

ハーデン・パークで

その小さな入江の浜がオフリーシュエリアになっていて

昔時々ゾンときていた。


流木に腰掛けてしばし楽しそうに走り回ったり

海になげてもらった木片を取りにいく犬たちを見ていた。


泳ぎが苦手だったゾンはトライはするものの

なかなか木片を取れなくて

すぐあきらめて帰ってきてはまた投げてくれとせがむので

浜中のいい感じの大きさの木片が尽きてしまい

海にプカプカたくさん浮いている、、、

ちょっと恥ずかしい絵だった(笑)


そんなことを思い出していたら

涙がこみ上げてきてしまった。。。

もうだめだ。

止まらなかった。

公共の場で泣くなんてしまい、

といつも堪えてきたのに

がまんできなかった。

d0114280_162474.jpg



恋しい、ゾンゾンに会いたい、抱きしめたい。

時々そういう感情がふっと湧く。


メソメソはしたくない、

だけど時々襲うそんな感情は

まだまだ大きな穴ぼこに潜んでいる。



今年は本当にたくさんのお別れがあった。

夫は最愛の母もなくし、敬愛していた叔父、叔母、

そしていつも仕事場にも連れて行っていたゾン。。。

だいぶ辛かったと思う。。。


悲しみは深いけど皆同様に、

長く良き人生を送り、

最後は苦しむことなく安らかに旅立った、

ハッピーエンドである。


わたしの叔父叔母などは短命であったり

寂しい終わり方をしたので

辛さが残る。。。


ほんと、今年は愛する人の別れを受け入れ、

送り出すことの

学びのような年だったのかもしれない。


だけどもうこれ以上ないことを願いたいものです。


d0114280_1623868.jpg


d0114280_16512981.jpg

[PR]
by maricontinental | 2015-10-02 17:29 | dog & me | Comments(2)

ZON's gone with the Blue Moon

Zon-my love passed away on 1st.Aug.

The last night with him,

we laid on the grass in our backyard and watched the Blue Moon.

It was so peaceful and quiet time.

We never forget that beautiful night.

...miss him so much like hell.



最愛のゾンが1日、お空へ旅立ちました。

最後の夜はブルームーンでした。

街も眠った真夜中、

庭の芝の上にゾンをはさんで夫と川の字になって一緒に月を見ました。

とても静かで清らかな時間でした。

ずっと忘れないよ。

気が狂いそうなくらい寂しい。。。




Love you so much. Thank you for the fun.

We'll see you again... but not so soon...I guess.

Have a rest and say hello to all people and dogs

who We loved and gone already up to the sky.

xxoo

d0114280_6243076.jpg


d0114280_6251194.jpg


d0114280_6262466.jpg


photo by Mariko Evans
[PR]
by maricontinental | 2015-08-09 06:33 | dog & me | Comments(0)

ゾンゾン負傷。。。

It's too hard for 15 years old man....
my Zon injured by two huskies. He'd have to go to the emergency vet because the small vet couldn't handled his big cuts on his front leg....oh It was soooo painful nasty cut. exposed 2"bone...ouch.
I love husky (great dog)and I don't care they fights. Its a dog's life, It happens. But I do care an irresponsible dog owner...

Dog is so strong. He is doing well!! get well soon buddy!

かわいそうなゾンゾン。。。。
15歳のおじいちゃんにはひどすぎるハプニング。(涙)

カナダがオリンピックのホッケーで金メダルを獲得した晴れ晴れしい朝、
近所の二匹のハスキーに襲われ前足負傷。

骨が7cmほど見えるバナナの皮をむいたようなV字に裂かれたひどい怪我。

あ〜。。。痛々しかった。

d0114280_6361277.jpg


早朝に起きて金メダルをみとどけたので 私はまたベッドにもぐり、
Cがゾンと散歩にでかけ、ほんのワンブロックの近所ですぐそばに住む二匹のハスキーが通りがけになーんにもしないゾンをガブッ!

多分彼らのテリトリーだったのでしょうね。 

ハスキーを飼っていた事があるのでその性分はよくわかるし 
 同時に愛おしい。。。

ハスキーは街で飼う犬ではないのです。(、とこの話は置いといて)


ただならぬ大声で「バンデージを持ってきてっ!!」とCが叫んでいる。

ゾンが怪我をしたのだな、とベッドから飛び起きて
バタフライバンドエイド(縫合もどきができる)の箱をつかんで持っていったら

「そんなんじゃだめだよっ!」 と自分で取りに行くC。

私の想像を絶する大けがだったのです。。。

そうだ。
 ”包帯”の事もバンデージ(バンドエイド)と言うのだった、
と後で気づく。(苦笑)


さすがファーストエイド(応急手当)のクラスを取っただけはあるCの見事な処置をしてからすぐいつも行く獣医さんへすっとんで行った。

するとウチでは処置できないひどさなので救急へ行くようにと言われまた車で移動。

その間、ゾンゾンはというと、呼吸は荒いが歩けているのでアキレス腱はやられていない様子だな、と少し安心。


小さな古ぼけた動物救急病院。。。
カウンターの上に猫くんがニャーと寝そべっている。

幸いすぐ診てもらえた。

獣医さんも傷を見て顔を歪める。。。


治療費見積もり、$1、100(約10万円)なり。 チーン。(汗)


ゾンを病院に預け、その足でハスキーのオーナーに治療費の相談に行く。


。。。が、ここからが最悪だった。

まだ文章にする気にならないほど信じられない事態となったので、今日はここまで。。。


d0114280_7155526.jpg


三日後、チェックアップにいって新しいバンデージになった。
良好です♡

犬は強いね!  
[PR]
by maricontinental | 2014-03-01 07:32 | dog & me | Comments(6)

新しいサンダル♡

先日セールで買ったばかりのサンダル♡ ぱちっ。
d0114280_0524355.jpg

まだ履いて外出てないよ〜。
というか素足になれるほどまだ暖かくないバンクーバー。
(もう7月だというのに...シュン。)

中敷き、貼ってあるけどまだまだ大きい。。。
足の甲がペラペラで不健康そうな足なんだな、、、私の。

高いヒールも苦手でこれがマックスです。(泣)
(ハイヒール、履けるもんなら履きたいぜっ!)

そうだ。。。
ゾンゾンがまだ子犬の時にお気に入りの、サンダルを二足、
やられてまー、腹の立ったこと。半泣きしたな。。。

足が小さい上、ハイヒールも苦手な私は特に
靴下無しで履く靴を探すのは一苦労なのです。

そんな中から巡り会った貴重なサンダルが二足、、、
無惨な姿で転がっていたのを見た時の青ざめた自分。。。
ゾンにはテレビのリモコン8個くらいもやられましたが
その時は「また〜やったな〜、アハハ。」とか笑ってたのだけど
靴の時はそうはいきませんでした。(苦笑)

用心していてもちょっとした油断で惨事は起きてしまうのですね。

子犬をこれから飼うという方、ご覚悟を。。。(苦笑)

d0114280_0344469.jpg

(やんちゃ期のゾン)
[PR]
by maricontinental | 2012-07-05 00:27 | dog & me | Comments(4)

Deas Island Regional Park

Deas Is. Regional Parkにひさびさに行きました。
d0114280_8445135.jpg

飛行機雲がまっすぐ、綺麗に線を引いていました♫

Tsawwassenに向かう途中のトンネルの東手にある公園。
場所がかなりマイナーな場所なので知る人は少ないと思いますが
ボートのRowling Clubもあるし夏はピクニック客で人気。

d0114280_8593848.jpg

我が家内ではゾナドニアと呼んでゾン(家の犬)の王国となっています。(失笑)

管理はよくされている公園ですが自然なままなここへ来ると
ゾンはいつになく生き生きしている感じです。

バスタブほどもある白頭ワシの巨大な巣を見るのもいつも楽しみ。
いつか巣の中のぞいてみたいー。入ってみたいー。


例年になくマイルドな12月、いいのか悪いのか。。。
クリスマスに雪は無理かな。
[PR]
by maricontinental | 2011-12-18 08:39 | dog & me | Comments(0)

納涼♫ Inter River Park

夏のお気に入り散歩スポット、
North Vancouverにある Inter River Park
d0114280_1416789.jpg

更に北上すれば有名な素晴らしいLynn Canyon Parkになります。

うちから車でブイっと10分ほどで行けちゃうInter River Park 、
オフ・リーシュはもちろん、ゾン(犬)がちゃぷっと遊べる
浅い川淵スポットが何カ所かあって納涼には最適!
トレイルも高々としげった木々に包まれてヒンヤリ涼しく、
日焼けもあまり気にしなくてgoo!

もうひとついいことは川の水が綺麗なので潮水と違って後で
犬達を洗わなくてすむ、、、ということ。

水がほんとうに冷たくて綺麗。
川の流れる音には本当、心が洗われるよう。

d0114280_14382997.jpg

もう一匹のチョコラブは三日預かっていた友人の犬、バクスター。
川の流れもおかまいなくザブザブ泳いでました。
ゾンならきっと流されますな。(泳ぎ、ちょっと苦手です。)

d0114280_14301847.jpg

川から少し離れたところに亡くした犬達の記念碑が。。。
犬の写真、首輪、おもちゃ、ドッグフード、etc....
なんだか涙そそいます。
でもここにある写真の犬達は間違いなく飼い主に愛された犬達である
ことが確信できるので幸せだったね、と嬉しい気持ちになります。

d0114280_14392840.jpg


家ではバクスターに意地悪ゾンゾンも外では仲良しこよしなのね。
スタンド・バイ・ミーのワンシーンみたい?(笑)
[PR]
by maricontinental | 2011-08-28 14:46 | dog & me | Comments(2)

夏はビーチへ!

バンクーバーの西の端のビーチ、Spanish Bankは
犬のオフ・リーシュOKなのでよく行きます。
d0114280_15142667.jpg

引き潮時にいくと百メートルほども歩いていけちゃう浅瀬です。

このビーチをさらに西方向へぐるっとまわるとヌード・ビーチなので
ご用心。マナーを守りましょう。

d0114280_15221513.jpg

ビーチだけでなく広い芝生もあるのでピクニックをする人でもいっぱい。
午後になると車停めるのが困難なほどにぎわうので
この日は早めに行きました。

d0114280_15245194.jpg

東方向へいくとJericho Beachとなって犬は立ち入り禁止になります。
ビーチ・サッカーの試合してましたね。
そしてこちらにはビーチ・バレー。
d0114280_15275329.jpg


砂の上でスポーツをする、、、私の世界ではありえないっ。ないー!

スタンドでバンズのまずいハンバーガーを食べ、
(でもビーチで食べると美味しく感じるっ♫)
。。。。けどやっぱり食べきれず、
私が残したものを夫が地面にポイと「鳥が食べるさ」と。
「そんなゴミを捨てるみたいなこと、だめでしょ、、、」と私が
言い切らないうちにずっと見ていたらしいカラスが三羽、
さーっと飛んできてそのバーガーをかっさらっていきました。

彼は正しかった。(苦笑)
[PR]
by maricontinental | 2011-08-21 15:13 | dog & me | Comments(0)

働くパピー

かわいいーーーーっ!
かわいいーーーーっ!
かわいいーーーーっ!
のひとことにつきます。
d0114280_14132129.jpg


生後二ヶ月ばかりなのにExcavator(パワーショベル)を操縦し
早くも現場で働くたくましいパピーです。(私の犬じゃないです)

d0114280_142315.jpg


子犬、子猫、子供、とにかく生まれたばかりの無垢な生き物って
無条件にかわいいですよね〜。。。

昔、捨て犬を見つけては必ず家に持って帰っては叱られ、の私でしたが
やはり、特に犬は姿カタチ、感触、存在、たまらなく愛おしいです。

私にとってはじーちゃんになったゾンでも今でもかわいい〜♫
ぎゅーと抱きしめると癒されます〜。。。

でも植えたばかりのあじさいを掘ったゾンゾンは、
いけませ〜ん!
[PR]
by maricontinental | 2010-10-20 14:35 | dog & me | Comments(2)

ゾンゾン手術

d0114280_23543636.jpg

目の下の青い糸は縫い糸なのです。
実はゾンゾン(犬)、先週、
体にできた6カ所もランプ(脂肪のかたまり)を摘出する手術を
したのです。

もうおじちゃんですからね、どの犬にもよくできるものです。
以前、悪性でないかどうかを別の獣医さんとこで検査してもらって
大丈夫だということはわかっていたのですが特に目の下瞼の内側に
こしょうの粒大のものとおへその上辺りのアボカド大のものが
どんどん大きくなって彼もわずらわしいだろうと思い
思い切って全部切ってもらうことにしたのです。

一度に6箇所も大丈夫?、、、、と心配したけど
何度も通わせるよりいいかとドクターがそういってくれました。

無事手術を終えて迎えに行ったとき、あちこち毛を剃られて
そこに大きな縫い傷が、もう痛々しくて
麻酔もまだ残っててふらふらしてて
それでも私たちの姿を見て嬉しくてしっぽブンブン振って
しっぽの付け根にも縫い傷があってまた痛々しいから
しっぽはふらないでいい、といってもブンブン振って、、、、
あー。。。涙が出そうでした。

一番心配してた目のところもほとんどわかならいほど綺麗に
縫ってくれてました。
形相かわるかも、と覚悟してたので。

帰ってから大量に水を飲んだし、呼吸も荒かったので
ちょっと心配でその晩そばで一緒に寝ました。

しかし、犬は丈夫ですね。
後日、普通に走りまくってました。(笑)
傷口も良好。

それから昨日ドクターから電話があってひとつ気になっていた足の
小さなぽっこり(最近できた)が検査の結果、腫瘍だったそうです。
取り除いて良かったですね、って嬉しい報告でした。
ほっ。。。。

散歩いくと通りすがりの人たちがなんともにがい表情で
ゾンの縫い傷だらけの体を見て行きます。
でも本人はいらないものを取って気分すっきり、なはずです。

これでまた長生きしてくれるといいな〜。
[PR]
by maricontinental | 2010-10-07 00:24 | dog & me | Comments(2)

ホームレスのおじさん?

こんなホームレスのおじさん、よくいるよな〜。。。

d0114280_24550.jpg


工房のあるグランビルアイランドでは有名なアフガンハウンド犬です。

おじさんが5〜6匹(?)一緒にいつもお散歩させているのですが
かなり大型なこの犬たちが長い髪をなびかせ並列に
わっさわっさと歩く姿はなんともエレガントなのであります。
(前述と言う事が随分違うじゃないかっ!苦笑)

雨の日にはみんなちゃんとコートと頭巾までかぶっているのです。
その姿はまたパリの下町のおばさまに見えるの。(爆)
この犬を洗うの、大変そう〜。。。

この日、観光客のおばさまたちに囲まれていたのでついでにワンショット
お願いしました。

このアフガンチームに遭遇した日はラッキーデー、とか、
勝手に決めたりして。。。

頭巾のときはアンラッキー?
[PR]
by maricontinental | 2010-06-09 02:20 | dog & me | Comments(4)

最新の記事

一日遅れのバレンタイン・ケーキ
at 2016-02-17 10:15
秋の浜、涙腺崩壊。
at 2015-10-02 17:29
16th Wedding A..
at 2015-09-13 07:30

おすすめブロガーに認定されました♫Gabriola Island
旅行口コミ情報

最新のコメント

Yukiさん  義父が..
by maricontinental at 00:48
ゆきさん ありがとう〜..
by maricontinental at 15:52
結婚記念日おめでとう!美..
by ユキ at 13:17
あきこさん、ありがとう〜..
by maricontinental at 14:00
よかったよかった、うん!..
by pandakoaki at 17:11

最新のトラックバック

Treat
from 日常の出来事

検索

ファン

ブログジャンル

海外生活
自然・生物

画像一覧