Good Day Vancouver 


バンクーバーより発信 犬と暮らすイラストレーターの日々色々を綴ります+++all rights reserved
by maricontinental
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Las Vegas #2

結婚式会場は街から半時間ドライブしたところ、

少人数でもあるのでこじんまりとしていました。

あまり写真撮れなかったのです〜。。。。のでこれだけ!

d0114280_13551612.jpg

笑いあり、涙あり、ほのぼの、良い結婚式でした♡


日本人やバンクーバー人からしたらこの水辺の風景は
なんてことないでしょうが、
ここはラスベガス。 砂漠地帯です。

とても珍しい湖(人工)! お魚も泳いでいたよ。

対岸にある家のどれかはセリーヌ・ディオンの別荘だとか?
d0114280_1355026.jpg


式の終わった後はParisに戻って
エッフェル塔の中部にある屋外クラブ、Chateauへ。

リムジンバスの中は皆お酒も入って出来上がってます。(笑)
d0114280_145345.jpg


もうこういう場所には無縁の私たち。
しばし唖然。

写真では伝わりませんがすごい熱気です。

みんなノリノリです。

ダンサーのお姉さん達もすごいです。

でも甥や姪のような年頃の若者達の醜態を目の当たりにすると
親心になってしまって楽しめない。(苦笑)

眠たいので(笑)早めに退散〜。

d0114280_1482786.jpg
d0114280_1481611.jpg



ラスベガス、、、 

タバコとお金とスリルの匂いの町

まさに大人の遊園地


でも、
東京や大阪の繁華街にくらべたらずっと
道は広々としてクリーンでゆったりしている。
セクシーなビジネスもカラッと爽快な感じすらする。

日本の繁華街へ行くとどこかジメッとした
むなしさがからみついてくる。

きっとラスベガスにだってもっと裏手へまわれば
そういう空気もあるかもしれないけどね。。。

ウェディングの後みんなで行ったクラブでは
今から飛行機のるんですか?
な、くらいセキュリティは厳しく
クラブ内はクレイジーに盛り上がっていたけど
葉っぱの匂いはしてなかった。

バンクーバーのダウンタウンを歩いていると
”はっぱ”の匂いとすれ違うのはしょっちゅうだけど
べガスではほとんどしなかった。

まぁ、バンクーバーでは最近医療マリワナ店が
あちこちにできたし
その内シアトルみたいに合法になるでしょう。


日本では節度のない飲み方してげーげー吐いてたり
道ばたに転がっちゃったりして
醜態をさらすビジネスマンの姿を
よく見かけたけどそんな光景も一度も見なかったな。

イメージではもっとダーティで危険なイメージを
持っていたラスベガスだったのでちょっと好感度アップ。

でもほとんどのホテルや建物は入るとまずいきなりカジノ、
とにかくカジノ、があるのがお決まりで
たばこも喫煙オーケーでカーペットやすべてにたばこの匂いが
染み付いている。

通過するだけでも私には辛い。

案の定、アレルギーは悪化、顔、首、腕も真っ赤っか!(苦笑)


カジノもしない、お酒も飲めない、買い物にも興味なし、

食事制限もあり、プールサイドで肌をさらすこともできない、

、、、なんで私はここにいるのだ〜!!??

あ、そうそう、結婚式。

と自問自答ばかりしていた。(苦笑)


The Cosmopolitan ホテルはとてもLuxuryで
女性が嬉しいオシャレな内装♫
キラキラ〜♫
d0114280_1426439.jpg

d0114280_14133471.jpg


Parisのお向かいのBellagioホテルは表に
噴水つき大きな池があってこれもアイコン的存在な
高級感漂ういいホテルですね。

建築も美しい、と言ったのは夫。

カジノも落ち着いた雰囲気が良い。
プールも素敵〜♡
d0114280_14255523.jpg

d0114280_14172943.jpg


スタバもキラキラ〜♫
d0114280_14282865.jpg


ジョニーさんにも遭遇。(笑)
d0114280_14292669.jpg
d0114280_14285653.jpg


マダム・タッソーの展覧会。入らなかったけどね。

昔一人旅したロンドンの本家に行った事がありました。
懐かしい〜。

でも断然完成度は現在の方が高いですね。
よく出来てる!

最後の日は一人でブラブラ。

一人だと好きな所で止まって写真撮ったりできて気楽〜♫

二軒のギャラリーに行ったけどすごい巨匠のレアなアンティーク版画や
ムラカミ タカシのプリント(たくさん!)観る事ができて良かった♡

彫刻はとても素晴らしく惚れ惚れと眺めていたら
ギャラリーのお兄さんがとても丁寧に説明してくれて

あれは見た事ある?と

奥の閉じていたカーテンをウィーンと開けて
一番大きな像を見せてくれた♡きゃ〜♫

ちょっとネロの気持ちだったわ♡

d0114280_14424325.jpg
d0114280_14423244.jpg



なんだかんだいいながら
けっこう楽しんでいるじゃない?(苦笑)

そんなこんなで ラスベガスにさようなら。

多分もう二度とこないでしょう。
d0114280_14461734.jpg


d0114280_14452748.jpg

後で知ったんだけどこの時まさにこの下で
Billboard Music Awardが開催されていたのでした。


さよなら、ラスベガス。

大人の遊園地、

ロバになってここから帰らぬ人もいる、

光と陰の街。。。
[PR]
by maricontinental | 2015-05-21 13:52 | Travel | Comments(4)
Commented by ユキ at 2015-06-07 03:23 x
Marikoさんがラスベガス??って一瞬思ったけど、結婚式だったのね。私も自分の意志では行かないところだな〜。(笑)
けど、バンクーバーでは見られない光景と人々。夜になってスーツを着たカジノの紳士とか、ドレスアップした美女とか、ここでは合わないもんなぁ。
キラキラした派手な夜の街、興味なかった場所でも行ってみると日常と違う世界で、Marikoさんから見て感じたラスベガスの旅行記が面白かったです!
Commented by pandakoaki at 2015-06-07 07:58
私もベガスはちょっと行くのに二の足を踏んでしまう場所だわ。実は、20歳の時に行ったことがあるのだけれど、アメリカは飲酒もギャンブルも21歳から合法なのでどちらもしなかったという...。行きに寄ったグランドキャニオンのほうがよっぽど印象深かった。それ以来足を踏み入れていないわ。
私達みたいに客観的に見られる人はいいけど、お伽の国のように迷い込んで出てこられなくなってしまう人もいるんでしょうね。
ベガス行って、何か作品のアイディアは浮かんだかしら...♪
Commented by maricontinental at 2015-07-08 09:50
ユキさん、そう。まさかのラスベガス。一生に一度なら、だけどもっと他に行きたい国があるー!。。。でも社会勉強に良いでした。(笑)オーシャン・イレブンの映画とか最近テレビでやってて「あ〜!あそこだ〜!」とか発見いっぱいで改て楽しめたよ。
 肝心の結婚式が、、、またいつかお話するわ。(苦笑) 
Commented by maricontinental at 2015-07-08 09:59
パンダコちゃん そうなのよー。私たちみたいな脳天気なバケーションチームだけじゃなくて本気で生死をかけてギャンブルに来る人もいるということ。。。
ライドではしゃいでいたタワーのてっぺんから昨年すべてを失った人が飛び降り自殺したってタクシーの運ちゃんに聞いてびびっていた私たち。怖いところ。。。
作品のアイデア、、、どうかな?(笑)

最新の記事

一日遅れのバレンタイン・ケーキ
at 2016-02-17 10:15
秋の浜、涙腺崩壊。
at 2015-10-02 17:29
16th Wedding A..
at 2015-09-13 07:30

おすすめブロガーに認定されました♫Gabriola Island
旅行口コミ情報

最新のコメント

Yukiさん  義父が..
by maricontinental at 00:48
ゆきさん ありがとう〜..
by maricontinental at 15:52
結婚記念日おめでとう!美..
by ユキ at 13:17
あきこさん、ありがとう〜..
by maricontinental at 14:00
よかったよかった、うん!..
by pandakoaki at 17:11

最新のトラックバック

Treat
from 日常の出来事

検索

ファン

ブログジャンル

海外生活
自然・生物

画像一覧